| ONLINE SHOP | About BARKBOX | INQUIRY | WHOLESALE | RSS | ATOM | SEARCH
【製作背景】BARKBOX 6-Buckle Zipper Long Leather Boots

 





当店が誇る、フルオリジナル ロング 6バックルブーツ 日本製

BARKBOX 6-BUCKLE ZIPPER LONG LEATHER BOOTS


めちゃめちゃ長々と成りますが、商品ページには記載していない、このブーツのバックボーンをご紹介!興味の無い方は疲れますので読まない様に!笑) 正直、初販売した年をホンマに忘れた(る)位に、当時は自分でも衝撃が有った。なんせ、一度諦めていた話が急に舞い戻ったからです。

当時、何とかフルオリジナルで製作したい想いから、こと細かい指示書とサンプルブーツを数足用意して(友人仲間に借りたりもして)準備し、国内外問わず、電話、FAX、メール、100社以上はあたったと思う。チペワにも、レッドウイングにも、フランクトーマスにもメールした事、ちゃんと返信をくれた事、鮮明に覚えています。しかしミニマムが半端なかったり、Wネームにしようと誘われたり、国内からの殆どは全く門前払いだったり、返事も無く全無視されたり等で、あ"ーと疲れ果てていた矢先、「おもしろそうですね、詳しいお話を聞かせてください」と、唯一、初めからウチの希望をのむ勢いで連絡をくれたのが国内オーダーシューズの老舗工場。ココが現在も製作してくれている工場です。





しかし、当時の工場社長さんは一般的なファッションブーツの知識で外反母趾にも適応できる「BOOTS」を捉えて製作して販売していたので、ウチが準備したサンプル数足を見ても、こちらが言う「BOOTS」を理解して貰えず、まずは音楽と映画、いわばカルチャーから知って貰った方が良いと考え、アレコレ持参して説明、時にはビデオも貸して見て貰い、妥協できない点、を確り把握してもらった。それから数ヵ月後やっと出来上がった、待ちに待ったサンプルが届いたが・・・愕然とした。

足への負担、脱ぎ履きの利便性、歩き易さ、を重点に、と言うよりそれだけで製作した感が否めない何とも表現できない、何じゃぁコレブーツだったので、直ぐにTEL、強烈に激怒。「アレだけ説明したのになぜ?こんな!」、この時点で木型代金、型紙代金、サンプル代金が、発生していた為、余計にキレるわ、それはそれは当時の自分は勿論今より短気。笑)、でも、「こちらは靴のプロです、お客様のオリジナリティを崩さずに実用性もあり、足への負担が少ない、何処へどう出しても恥ずかしくない靴を作りたい想いから製作したブーツがそれです。しかし、結果的に趣向を外してしまった商品をお届けしまして誠に申し訳御座いません。」

大好きだ、こういう方。凄いプロだ、分かってやっている。尊敬できるから是非ともこの工場で何とかしたい!でもでもでも ゼンゼン違うよ、このブーツ。。。それから数ヶ月に渡り更に詳しい打ち合わせ。サンプルを待つ事、約半年。音沙汰無し。その後、更に半年。「さすがの社長でも無理なのか?」と、半ば諦めかけていた約1年が過ぎた頃、何の連絡もなしにデカイ箱が届いた。ブーツだ!

あけてビックリ!「スゲー!コレやで、コレ」、現在販売している原型と成った初期サンプル1号!(今でも自宅の倉庫に保管)

「長らくお時間を頂いていたのは、バイクウエアブランドのブーツ製作部にお願いして出来る限りの資料を見せて貰い、相談にものって貰っていました。久保さんが求められるのは、歩くブーツだけでなく、バイクにも最適なブーツですので、私も一から勉強しました。今回のブーツを気に入って頂けたのなら、このサンプル代金と型紙代金は要りません。その代わりに是非ご発注ください」、事実この話を電話で聞いた当時は涙が出ました。男だ、これぞ男だ。凄い人と出会えて凄いものが作れる、そして堂々と販売できる。

その後の展開は早い。箇所+箇所の変更と細かい仕様の設定。どうせやるなら、トコトン行くぜ姿勢は、最終「久保さんの情熱に負けましたから〜笑」とも言われながら、発売へ。初・打ち合わせ〜販売迄 約二年。いや〜こうやって書くと色々思い出して、社長も凄いけど、俺もホンマにしつこい奴やわー笑)

↓ 試着画像は約3年着用で使用感が出た状態です。

 

PB160005.jpg

 

PB160010.jpg

 

PB160015.jpg

 

PB160001.jpg







ちなみに自分は ↑ 一番下のバックルしか留めない履き方をしています。

 

ご質問は、コチラ ←から。電話(0743-75-7458)でもOKです。担当/久保迄、お気軽にお問い合わせください。

 

製作工場の画像、他の試着画像や詳細は→ 商品紹介ブログ から、ご覧ください。

author:BARKBOX Owner, category:商品案内, 20:53
-, -