| ONLINE SHOP | About BARKBOX | INQUIRY | WHOLESALE | RSS | ATOM | SEARCH
【VINTAGE LEATHER JKT】How To Wash Cleaning & Maintenance



初来店された方が数着を試着されて「古着臭が全く無いですね」と言われました。売れてないのに凄く嬉しい!笑)入荷した、England Vintage Leather Jacketsは、全て ↑洗濯機でクリーニングしています。特殊なやり方で「革」を保護しつつ、インナーを重点的に洗浄。脱水直後から数時間毎にオイルをたっぷりと入れ(塗り)ます。コレ絶対の作業を1日で最低4.5回。更に完全に乾くまで4.5日(早ければ2.3日)掛かりますが、その間も必ずこの作業。革は硬くなりません。入荷時より良い状態に仕上げます。

↑ 読んでるだけで、ゾッとする人も多いと思いますが、入荷直後のビフォー/出来上がったアフターを実感すれば凄いんです。現地のバイヤーが当店へ遊びに来た際「コレ俺が送った革ジャンか?」と驚くほど。しかし10着以上になると正直ヘビー。首肩パンパン。通常業務+この作業はホンマに疲れます。笑)でも新しい息を吹き込む様な、蘇らせる様な・・・Vintage Bike がまた走れる!みたいな感覚です。



↑ ひっくり返してインナーを裏向けた状態・・ゴミではありませんよ!笑)



↑ 更に裏向けてスエード(レザーの裏側)の確認



↑ インナーの中(革とインナーの間)も入念にチェック。愛用され年代を経たレザー裏側にスエードの粉が溜まっている場合がマレに見られます。そのまま着用しても支障は無いですが、独特のベタつきが気持ち悪いので、縫い合わせを一旦外して、ひっくり返して全ての粉を取り除き(拭き取り)ます。



↑ それからこうして〜



↑ 英国コインやチケットが出てきて、年代を感じる時もあります。



↑ 綺麗になったら元に戻して〜



↑ 縫い合わせた後から更に最終クリーニング+オイルメンテで仕上完了!

リペアが必要な商品はこの後に行います。当方で出来ないジッパー交換等は外注レザー工房でプロに仕上げて貰います。当方で出来るリペアは、久保 or スタッフがミシン&手縫いで仕上げます。その為、1着ずつの販売となる訳です。以前のブログでも書きましたが「そんじょそこらの古着屋には負けへん!」有言実行しておるつもりです。押忍!

ロンドンだけでなく英国全土でもタマ数は激減。更に単価も上昇。「古着」なので当たり前の事で、感覚は旧車と同じです。だから余計に大事に扱おうというスタンスです。毎度アップ毎に、商品説明にも、クリーニング(洗濯)済と記載しているので皆さんお分かりだと思っておりましたが「洗濯機?!」と驚かれる方が多いので、あえてココでお知らせしました。


author:BARKBOX Owner, category:商品案内, 10:49
-, -